2012年03月25日

勝手に立ち上がってくるアプリに閉口

simeji+マッシュルーム連携でチャットをしたりブログの更新をしていると、たまにメモリー不足でマッシュルームが強制終了になることは先日のブログに書きました。そこで不要なアプリはチャッチャとキルしようとインストールしたのがAutomatic Task Killer。

しばらく使ってみての感想ですが、起動アプリ一覧にキルの必要のないアプリを表示させないことができる(ignoreリスト)は便利。一方で何度となくAutomatic Task Killerがクラッシュしてしまうのには呆れてしまいました。タスクを管理するタスクがクラッシュするなんて笑うに笑えない。

そもそも呼ばれもしないアプリが裏で立ち上がってるのはなぜか?実は意図的に立ち上げたアプリが間接的に呼び出してるのが理由のようです。立ち上がってメモリーを占有してはいるけど動いてるわけではないのでCPUに与える影響は限定的だという見解がありますが、常駐によりメモリーを占有していることには変わりありません。それ以上にWindowsに慣れ親しんできた私には使いもしないタスクがメモリーに存在してるのが許せない^^;

とはいっても、アンドロイドにはアンドロイドのルールや慣習もあるので、この辺はおいおい慣れるしかないのかな。。。

そんなことを考えながらAutomatic Task Killerに変わるタスク管理アプリを探してたんですが、タスクをキルしても一部のタスクは不死鳥のように甦ってくるんですよねぇ。

いろいろ調べたら、タスクキル→甦る→タスクキル甦る→・・・は電池を消耗するだけで百害あって一利なしというヘビーユーザーの指摘を目にして、アプリでタスクをキルするのは止めてデフォの設定画面から手動でキルするのが一番なのかもと考えてます。

貴重な時間を割いていただきありがとうございました。    にほんブログ村 ネットブログへ     blogram投票ボタン
posted by スマート at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。